新型コロナウイルスワクチンの陰謀論について

f:id:manta13:20210914181231p:plain

陰謀論を信じる人のイラスト

気が付けば、当ブログの開設から3カ月が過ぎました。当ブログを購読していただける読者も付き、本当にありがたいことです。次は二桁を達成したいものです。読者さま、更新がない日も、アクセスしてくれてありがとうございます。これからも「好きな事を書いていく」のブログ名の通り、好きな事を自由にどんどん書いていこうと思います。引き続き、当ブログをよろしくお願いします。

 

さて、この前の日曜日、僕はモデルナワクチン2回目の接種を受けました。すると日曜夜から副反応の高熱が2日間続き、本日夕方、やっと熱が引いて、こうしてブログを書けるほどまでに回復しました。この事から分かる通り、僕はワクチンを打つ派であり、実際に2回接種を済ませたのです。ワクチン接種の副反応は以下の通りで、僕は主に頭痛、発熱、寒気が起こりました。

f:id:manta13:20210914190048j:plain

新型コロナワクチンの副反応

しかし、2回ワクチン接種を済ませても、コロナウイルスに感染自体はするという。じゃあ何故ワクチンを打つのかというと、コロナウイルスの発症を約95%予防し、なおかつ重症化を防ぐ効果があるから。現在、コロナウイルスの流行により、逼迫している医療のリソースを減らせるのだ。

ところが、ワクチン接種に関して、懐疑的な人々がいる。その方々は、ワクチン接種に関して「5Gに繋がる」「命の危険がある」「打つ打たないのは自由だ」などという。5G接続はそもそも医学的にも科学的にもまったく根拠がないので無視するとして、命の危険がある、この陰謀論を信じるのはさすがに論理が飛躍し過ぎている。

f:id:manta13:20210914205758j:plain

ホッブズ著『リヴァイアサン』より

前述した通り、ワクチン接種は世界各国の国家事業となっている。なぜか。上記のホッブズ著『リヴァイアサン』の挿絵を見て分かるように、国家を形作るのは人民一人一人の姿である。またホッブズは、国家の役割は人民の安全を確保することだ、と明言している。国家は人民たちの最大の関心である安全を保障できなければ、人民の集合体を維持できなくなり、国家として成り立たなくなるのである。

そして、今、コロナウイルスの危機に対処することが、世界中の国家に課された使命なのだ。それ故に、国家はワクチン接種を奨励する。新型コロナウイルスワクチンの効能は、既に数多くの実験で証明されている。副反応のリスクと天秤に掛けても、接種を推し進めるべきだと判断したからこそ、世界各国で接種を奨励されているのだ。

f:id:manta13:20210915012548p:plain

世界各国のワクチン接種状況 (2021.6)

もし陰謀論が真実で、ワクチン接種が人々に害をもたらすものであるならば、その情報を入手した(「ワクチン 有害」のGoogle検索で簡単に見つかりますね)先進国の幾つかは国民に接種させないはずだ。ところが、共産主義国家である中国やロシア等から、資本主義国家のアメリカやイギリス、日本等においても、一致してワクチン接種は奨励されている。共産主義と資本主義とが、同じ手法を取るということは、ワクチン接種の有効性と安全性が保障されていると考えていいだろう。

したがって、「命の危険がある」は、それが真実なら世界各国で接種を進めるはずがないのだ。先日、実際にあった異物混入のエラーは起こり得ても、総体では安全なものであるという認識に変わりはない。なぜなら、ワクチン接種を危険なものであるという考えに立つと、世界中の首脳たちが連携して、自国民をわざと危険に晒している事になる。そして、そんな重大な裏情報が、インターネット中に転がっている。そんなアホな事がありえるでしょうか。万が一それが真実だとしたら、世界各国のトップ層たちが、その程度のレベルなら、人類はここまで発展していない筈です。

 

そして、「ワクチンは危険」と主張する陰謀論者の味方をしてくれる人は、陰謀論を広めて得をする宗教団体および陰謀論サークルか、同じ陰謀論者しかいない。陰謀論に傾倒するだけで、この広い世界で、一気に味方がほんの少しの人たちしかいなくなる。しかも、その人たちは、陰謀論者を救うどころか、「コロナウイルス予防の為の水素水を30000円で売ります」、「5G接続防止のステッカーを50000円で売ります」などと不安を煽り、お金を巻き上げることしか考えていないのである。

家族、友人から孤立し、陰謀論を広めてお金を儲けることしか考えていない人たちの近くに、わざわざ自分の身を置く。そういう、人生ハードモードな状況を作らなくていいと思うのです。

f:id:manta13:20210915023857j:plain

新型コロナウイルスの後遺症

次に、「ワクチンを打つ打たないのも自由だ(私は打たない)」というのも、よく聞きますよね。これもまた陰謀論者が中立を装った発言です。前述した通り、ワクチンはコロナウイルスの発症を95%防ぎ、重症化を予防する効果がある。つまり、国民全体がワクチン接種をするほど、医療のリソースを予防的に減らせる事になるのだ。打つ打たないは建前としては自由だが、出来るだけ打った方が自身の利益にもなり、国益にもかなっているからだ。

そして、もう一つの理由として、新型コロナウイルス後遺症の厄介さがある。ワクチンを打たずにコロナウイルスに罹患し、そこから快復したとしても、上記画像の後遺症をずっと抱えるリスクがあるのだ。対して、ワクチン接種のリスクはどうだろうか。注射による重篤なアレルギー反応を起こすリスクのある方々を除き、主に以下に絞られる。しかも、それはほんの数日で快復するのである。

f:id:manta13:20210915031034p:plain

ワクチン接種の主な副反応

インターネットに流布する陰謀論を見聞きし、ワクチン接種をためらっている方、どうかコロナウイルスの後遺症とワクチンの副反応を天秤にかけてみて下さい。そして、どちらの方がマシか、冷静に考えてみて下さい。ワクチン接種をしなかった結果、コロナウイルスに発症し、後遺症を抱えるという、人生ベリーハードモードの道を選ばなくてもいいと思うのです。

なぜわざわざ僕が、ワクチン陰謀論について、ここまで執拗に誤りを訂正させ、接種を奨めるのか。それは友人や後輩の何人かがワクチン陰謀論に傾倒している事が、先日、分かったからだ。友人同士の集まりで、ワクチン接種の話題になった時、陰謀論者の彼は憎々しげに「死ぬ危険がある」「俺はワクチンを打たない」「打つ打たないは自由だろ」と吐き捨てるようにいった。

その場では、陰謀論を信じる奴が身近にいたんだ、と呆気にとられてしまい、「打つ打たないは自由だろ」という、彼のさももっともらしい発言に流され、そのまま有耶無耶となってしまった。

そして、陰謀論者の大学の後輩もわざわざLINEで、「先輩、ワクチン接種はしないで下さい。危険です。これを見て下さい(以下、陰謀論のURL)」と連絡が来て、それに対して僕が「ありがとう、でももう打ったから」と返事したら、二度とメッセージが返ってくることはなかった。

 

そんな事があり、僕もブログを運営する身として、なにかしら彼らに対してアンサーを書かなければならないような気がしたのだ。よって、既にワクチン接種をした方、ワクチン接種を準備している方にとっては、退屈な記事であったろうと思う。陰謀論に傾倒している方にとっては、自身の考えを攻撃されているようなストレスを感じたかもしれない。ただし、それは考え方ひとつで変わるのであり、世界中から孤立しているように感じるあなたの思い込みは、ワクチンを打つ事で解消できるのだ

だから、どうか陰謀論による分断の工作ではなく、ワクチン接種の連帯の取り組みに参加して欲しい。それがあなたの為になり、周囲の人々の為になり、日本の為になり、世界の為になるのだ。以上が、ワクチン接種における僕のスタンスである。

f:id:manta13:20210915041256p:plain

分断ではなく連帯でウイルスに打ち勝とう